結婚祝いで『ヴーヴ・クリコ』は好まれない!?


名のある美味しいシャンパン『ヴーヴ・クリコ』

面白い話を見つけました。

『ヴーヴ・クリコ』はヴァーヴ=ニコル・クリコ夫人が名前の由来となっています。

1799年にフランソワ・クリコと結婚しますが、その4年後に

他界してしまったそうです。

夫の後を継いで夫人は3代目となり、クリコ家のシャンパン事業を支え

そこで誕生したのが『ヴーヴ・クリコ』だそうです。

何故結婚祝いに好まれないかは、この時点で明確ですが、

『ヴーヴ・クリコ』を直訳すると

『クリコ未亡人』となる為、縁起が悪いという事です。

美味しいのになんか勿体無いですね・・・


一方で、『モエ・エ・シャンドン』の起源は1743年。

モエ家が作っていました。

しばらくして業績が悪化し、1833年にジャン・レミー・モエが、

娘婿のピエール・ガブリエル・シャンドンと

息子のヴィクトール・モエに家督を譲り

社名が『モエ・エ・シャンドン』となりました。

2人の結婚がきっかけとなり、

『モエ・エ・シャンドン』には

モエ家とシャンドン家を結ぶリボンがデザインされています。(※諸説あり)

両家が力を合わせ、繁栄したシャンパンとして

結婚祝いや記念日にはピッタリの様です。


双方に歩みの異なるシャンパンですが、

どちらも美味しい事だけは共通しています。


MAGIC BAR とまり木

札幌市中央区南4条西2丁目 南4西2ビル7F 電話 011−211−1964 営業時間 20:00〜翌2:00 日曜定休 月曜祝日は日曜営業

0コメント

  • 1000 / 1000